iWALK「Link Me4」レビュー。超小型モバイルバッテリーがコードレスでおすすめ!

未分類

日常使いのモバイルバッテリーの最適解を見つけたかもしれない。

超小型のモバイルバッテリー iWALK「Link Me4」。

モバイルバッテリー にはライトニングが内蔵されており、Lightningケーブルの持ち歩きから解放される。この時点でわたしの評価は爆上がり。

バッテリー本体とスマホが同時に充電できるパススルー機能が搭載されているモバイルバッテリーです。

iWALK「Link Me4」開封レポート

今回購入したのは、iWALK「Link Me4」。

アマゾンで2,780円で購入しました。

箱のデザインはシンプルで、中心に充電のマークとLink Me4と記載されているのみ。

69%
15%

中の箱を取り出す時に、充電が少しずつ減っていく演出があって、とてもかわいい!

中の赤い箱には、「Focus On True Value」の文字が記載されていました。

同梱品

同行品は以下の4つ。

  • モバイルバッテリー
  • 充電用ケーブル
  • 説明書
  • iWALKの連絡先
  • 品質保証タグ
ちっちゃくてかわいい。

本体の「Link Me4」を詳しくみていきます。

ボディーのまるみがとても柔らかく、デザインの邪魔をしないロゴがかわいいです。

サイズも7.7 x 4.7 x 2.6 cmと超小型。ポケットの中にも入るので、持ち運びにも困りません。

側面には、充電端子がついています。USB-Cで本体の充電が可能。

カラーは4種類あります。

  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド
  • ピンク

わたしは、シンプルなデザインが好きなのでホワイト一択!

カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りのカラーを購入してみてください。

直接iPhoneにさせる小型バッテリー

lightning端子

このモバイルバッテリーの特徴は、なんと言ってもこのlightning端子。

通常のモバイルバッテリーだとケーブルを使って充電しますが、この「Link Me 4」はlightning自由電コネクターが内臓されているため直接iPhoneに接続できます。

「モバイルバッテリーは持っているけどケーブルを忘れてしまった。」なんてことは起こらなくなります。

ちなみに、「Link Me 4」はlightning端子だけではなく、TypeC端子のバージョンもあります。

Androidやゲーム機のSwitchを充電できたりしますよ!

キャップは落ちないような構造になっています。

なくしものが多いわたしにとっては、この構造はめちゃくちゃありがたいです笑

超小型モバイルバッテリーの重さ

バッテリーの重さ

「Link Me 4」の重さを計ったところ97.5gでした。

わたしの持っているiPhoneXsが174 gなので、携帯より軽いと考えていただけたらイメージしやすいと思います。

容量が4500mAhなので、重さには申し分ないです。

接続するだけで充電開始

「Link Me4」のボタン

「Link Me4」は、スマートフォンに接続するだけで充電が始まります。

側面についている、ボタンをダブルタップすると充電はOFFに。

バッテリー残量

バッテリーの残量は、iWALKの上の3つのランプで表示されます。

iWALK「Link Me4」を使った感想

「Link Me4」を使って感じたこと

  • 少し重いと感じる
  • 日常の予備バッテリーとしてちょうどいい
  • 充電しながら本体への給電もできて便利

それぞれ詳しく説明していきます。

「Link Me4」は少し重い

「Link Me4」は、直接スマートフォンに接続するモバイルバッテリーです。

便利ではあるんですが、普通にスマートフォンを使うとなると少し重いと感じます。

iPhoneに「Link Me4」を挿してみた

だいたいiPhoneとモバイルバッテリー が同じくらいなので、充電中だとスマホの重さが2倍です。

欲を言えば、もう少し軽量化していただけたらベスト。

予備バッテリーとしてちょうどいい

「Link Me4」で充電中

「Link Me4」の容量は4500mAh。

わたしが持っているiPhoneXsの容量が2,658mAHなので、1回とちょっと充電できます。

iPhone11でも3,110mAhなので、フル充電できる容量は備えています。

旅行用としては少なめかもしれませんが、日常で使うには容量が少ないと感じたことはありません。

充電しながら本体への給電もできて便利

C端子コード

本体の充電はC端子で行います。

以前のモデルでは、Lightningケーブルだったらしいので、C端子になって便利になりましたね!

「Link Me4」では、モバイルバッテリー 本体を充電しながらスマートフォンを充電できるパススルー機能が搭載されています。

パススルー機能を使用中

どちらも同時に充電できるのって地味に便利機能…….。

この機能を使えば、Lightningケーブルを持ち歩く必要が無くなります。

職業柄、C端子のコードとLightningケーブルを常に持ち歩いていたんですが、C端子のみに統一できてめちゃくちゃありがたいです!

まとめ

「Link Me4」のパッケージと本体

iWALK「Link Me4」を紹介しました。

このモバイルバッテリーに以下の人がおすすめだと思いました。

  • 荷物をミニマルにしたい人
  • 軽量のモバイルバッテリーが欲しい人
  • 日常用のモバイルバッテリーが欲しい人

シンプルなデザインが可愛く、コードレスな構造のiWALK「Link Me4」。わたしのお気に入りのガジェットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました